私の全身脱毛体験談(シースリー(c3)熊谷編)

初めて自分の毛深さに気が付いたのは小学校中学年頃だったと思います。それまでは特に何も考えずに過ごしていましたが、体育着に着替えたある日、他の子よりも体毛が濃いことに気が付いてしまいました。

 

周囲から何か言われていたわけではありませんが、自分ですごく気になってしまい、半袖半ズボンで肌を露出するのが嫌で嫌でしょうがありませんでした。

 

高学年になると自己処理を始め、夏場は基本的にほぼ毎日自己処理をしていました。それから学生時代はカミソリを使って自己処理をし、大学生になって私服で登校できるようになってからはどんなに暑くても長袖の上着を身に着けていました。

 

 大学を卒業後、就職し、脱毛を真剣に考えました。「脱毛するならしっかり全身脱毛をしたほうがいいのかな」と思っていましたが、社会人1年目から脱毛に費やせる余裕がなく、まずは料金を安く済ませるために特に気になる部分だけの脱毛を開始しました。

 

こちらのサロンで両ワキ、両ヒジ下、両ヒザ下を集中的に通ったところ効果が少しずつ出てきました。半年ほど通ったころには自己処理がかなり楽になったのを覚えています。

 

ただ、やはりパーツごとの脱毛だとどうしても境目が不自然になってしまう部分がありました。しかし会社勤めにも慣れてきてお金の使い方がだんだんわかってきたころ、ふと目に留まった広告がありました。

 

それがシースリーの月額制全身脱毛です。

シースリーで全身脱毛

 

 

 まず私が考えていた全身脱毛は、とにかく料金が高いということ、そしてローンを組まなければいけないという話もよく耳にしていました。

 

しかしシースリーは月額でお支払いできることが広告に書いてあり、しかも¥10,000以下!以前少し考えた全身脱毛を今度こそ挑戦してみようと社会人になったばかりの私でも無理なく通えると思ってシースリーの無料カウンセリングを予約しました。

 

 スタッフさんのお話によると、シースリーではなんと回数制限がなく、脱毛期間が終了した後も保証してもらえるとのことでした。

 

私はもともと毛深いので脱毛期間内に終わるか心配していましたが、シースリーなら永久に保証してくれるので心配する必要がないと説明してくれました。

 

あと意外だったのが、最初に肌と毛の状態を見ていただいたときに、私は特別毛深いというわけではなく、このくらいの毛量の人は他にもたくさんいるとのことでした。全身脱毛でいろんな人の毛の状態や肌を見てきたプロの言葉はなんだか説得力がありました。

 

 実際のお手入れですが、事前にシェービングをしてくるように言われます。通い始めたばかりの頃は剃り残ししてしまうことがあり、その部分を避けてお手入れされました。

 

2~3回通っていれば慣れてくるので、剃り残し部分無く、全身お手入れしてもらえました。全身脱毛で顔かIOのどちらかを選択するのですが、私は顔を選びました。

 

当たり前ですが照射が目の近くなのでかなり怖かったですが、2回目以降は慣れたのか大丈夫でした。1年通ったころには毛が濃かった部分はかなり薄くなり、顔など産毛の部分は自己処理の間隔が長くなりました。

 

 私が入会した当時は会員数がかなり増えていた時期だったみたいで、予約が取りにくいと感じていたこともありました。

 

しかし店舗数が増えたのとウェブで24時間いつでも予約が取れるようになったので、スムーズに通えています。

脱毛してよかった全身脱毛

通い始めてから2年ほど経ちましたが、ほとんど毛が目立たなくなりました!毛が濃かったところはほとんど無くなり、もともと薄かった部分はさらに薄くなりました。今では自己処理はごくたまにする程度です。

 

 もうそろそろ通わなくてもいいかな、と思いましたが、シースリーはそもそも永久保証してくれるので今後ムダ毛が気になったときに通えます。脱毛期間が終わったあとでも安心感がもてるのはシースリーだからこそ。シースリーを選んで本当に良かったです。

 

体験談著者 佳子